少年事件にかかる弁護士費用

相談料や着手金など事務所によってさまざまなので、初回相談時にだいたいの概算額を聞いておきましょう。初回の相談は30分5000円程度で受けてくれます。

安心して任せられる弁護士事務所の特徴TOP5

少年事件の実績が多い

成人の事件とは異なる少年事件のポイントが分かっているところに相談できると安心です。

対応のスピードが速い

少しでも早い対応が求められる少年事件でスピードが速いことは大きなメリットの一つとなります。

プロセスをきちんと説明してくれる

何が起きるか分からない不安を軽減するためにも、先の手続きを説明してくれることは重要です。

費用の内訳を明確に示してくれる

実費も含めてしっかりと内訳を示してくれるところは、その他の点でも真摯な対応が期待できます。

チームで対応に当たってくれる

弁護士一人に任せきりではなく、事務所として総出で対応してくれるところが理想です。

未成年の事件に詳しいところを選ぶ

弁護士と天秤

事件の弁護を行ってもらいたいときは、どのような事件を得意としているのかハッキリとさせてから弁護士を雇う必要があります。刑事事件に強い方もいれば痴漢事件に強い方もいるのできちんと選べなければ、ベストな弁護をしてもらうことはできません。もちろん、少年事件に詳しい弁護士もいるので、お子様が何かしらの事件を起こして困っている場合は探してみましょう。お子様にとって何が最善の道か考えてくれ、どうやれば罪を軽くできるのか知っているため、しっかりと相談をすれば安心して任せられます。なお、探す場合はインターネットの検索システムを使って、いろいろな弁護士の事務所を調べていけば、簡単に少年事件に強いところを見つけられるはずです。

無料相談対応のところもある

握手

弁護士を頼むかどうかは決めていなくても、とりあえずでも相談をしたい状況にある方もいるでしょう。そのときは、少年事件について無料相談を行っているところがあるので、試しに弁護士と話をして、それから依頼するかを決めることをおすすめします。

被害者側でも利用が可能

女性

少年事件の弁護士は加害者側だけが利用できるというものではありません。少年事件に巻き込まれてしまった被害者も弁護士を雇えるので、困っていることがあった場合は事務所を探して相談することを考えてみましょう。

広告募集中