少年事件を担当する弁護士の役割

成人と異なるのは審判段階の付添人としての役割です。少年の権利を守っていきながら、自分の主張をうまく伝えられるようにサポートします。

弁護士に関するよくある質問

付添人となる弁護士はどうやって決まりますか

自分で選んだ私選弁護士か、費用等の問題で選べない場合は被疑者国選弁護人が利用できます。

家族に対してのサポートもしてくれますか

保護者にも寄り添いながら、面談や連絡などそれぞれの場面でどうすべきかをアドバイスしてくれます。

学校に対する対処はしてくれますか

付添人になった弁護士は少年の社会復帰も目指しています。学校関係も少年を取り巻く環境の一つとしてサポートの対象となります。

裁判所の措置に不服申し立てができますか

決定に対する異議申し立ては適正な手続きに基づけば可能です。手続きは弁護士が主導で行ってくれます。

自分であまり話さない少年でも任せられますか

少年と信頼関係を築きながら対応していける、経験豊富な弁護士であれば安心して任せられます。

効率的に探すことが大切

相談

お子様が事件を起こしてしまった場合は、どうにかして、その罪を軽くしてあげたいと考えるはずです。そのために必要なのが弁護士なので、すぐさま弁護士事務所に依頼をしましょう。ただ、弁護士事務所はたくさんありますが、未成年の犯罪を得意とするところはたくさんあるとはいえない状況です。そのため、効率的に探さなければ、『すぐさま依頼をする』のは難しくなってしまうので気をつけなければいけません。とにかく早くお子様のために依頼をしたいなら、インターネットで対応する弁護士事務所を探し、片っ端から連絡を取りましょう。いくつか連絡をしてみれば、すぐにでも相談に乗ってくれる少年事件に詳しいところがきっと見つかるはずです。

未成年の事件が得意

法律書

少年事件は大人の事件とは違った特徴があるので、それに詳しい弁護士に頼まなければいけません。たとえ、刑事事件の経験が豊富だったとしても、それが大人のものだとしたら、少年事件には詳しくないと考えたほうが無難でしょう。そのため、少年事件に強いという弁護士事務所をきちんと探して、お子様のことを任せなければいけないのです。未成年の対応にも慣れているので、お子様からしっかりと話を聞き出して適切な対応をしてくれるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中